農夫。旅に出る

地方都市在住。いつかハワイに行くのを夢見る初老がお得にマイルを貯めて旅するブログです。

民泊サイトAirbnbを使って実際に泊まってみた。

民泊と聞くといろいろなイメージが湧きますが、ちょっと不安なイメージが強い。そんな思いがありましたが今回はじめての民泊デビューを行いましたので記事にしたいおと思います。

f:id:tetsuyama2000:20161205185545j:plain

 

民泊サイト Airbnb

利用したサイトはこちらです。

www.airbnb.jp

 

エアビーアンドビーと言います。ホームページの所感としては綺麗どころの部屋が沢山掲載してありホテルよりもかなりお値打ちのところが多いと思いました。特に都市部は安価な部屋が多く、部屋数も充実していますので希望の条件で探しやすいです。地方は逆に全くなく観光地でなければ皆無です。またリゾート地はまた開放的な部屋が多く値段もハリます。民泊は外人向けというわけではありません。日本で日本人が泊まっても全く問題ないです。

 

今回の民泊サイト利用した理由 

先月用事があり住んでいる愛知から東京へ宿泊の計画をしておりました。いつもですとビジネスホテルが多いのですが・・・最近東京のホテル代おそろしく高いんですよ。タイミングや場所にもよると思いますが、2泊で1泊1万近い金額が多いです。2泊したら2万円ぐらいの出費は流石に痛いですし、1人なら尚更。どうせ友人と終電まで飲み明かすのだから部屋のクオリティーは寝るだけの部屋。最低限のプライバシーと連泊なので荷物は置いておきたい。高い宿泊費より安く上げて美味しい食事にまわしたいですよね。そんな考えもあり、ホテル以外の選択肢をさがしていたところに民泊サイトの存在を知りました。

 

部屋の種類は3タイプ

今回の利用したairbnbですが大きく分けて3つの種類があります

 

シェアルーム

ベッド以外の風呂やトイレは他の利用者やホストファミリーと共用。リビングで一緒に食事をしたり、会話をして時間を過ごす。ベッドは2段ベッドになっているところが多いです。基本誰かの家の空いている部屋と思ってください。

セキュリティレベルは低い。

 

個室

個室は一部屋与えてくれますが、ホストファミリーの家の一つの部屋です。風呂やトイレは共用。食事もおそらくリビングで。旅先で現地の方と話をして盛り上がる。けど寝るときぐらいはまったりと落ち着きたい。カップル向けかなと。

f:id:tetsuyama2000:20161205193535j:plain

フリーな時間は必要ですよね。セキュリティレベルは中。

 

まるまる貸し切り

完全に1フロア貸切です。マンションやアパートの1ルームをまるまる貸し切りしてくれます。鍵は最初にホストファミリーに貰うか、ポストに入れてある仕組みです。

f:id:tetsuyama2000:20161205194515j:plain

完全1人で落ち着けます。セキュリティレベルは高い。

 

今回私はまるまる貸し切りを利用しました。とある駅近のマンションの1ルームです。ほんとにそこの住人になれるような気分でした。よくウィークリーマンションなど家財1式揃っているマンションの短期バージョン+おしゃれという認識です。

おしゃれは個人それぞれの意見ですが、結構どのお部屋もレベルが高いです。内装に凝っている、アンティーク家具でまとめているなどホテルとは違った演出が楽しめます。

 

料金

¥ 2835 × 2 泊数¥ 5670
清掃料金 ¥ 4021
Airbnbサービス料(VAT込み) ¥ 1237
クーポン割引 (¥ 3505)
合計

 

 

 最低2泊からの利用できるところで1泊あたり 2835円*2泊

(新規ルームのため数%オフになっていました)

清掃料金は利用1回あたり必要です。4021円

airbinへの利用料。1237円

計10928円。

 

2泊で1万ならまあまあではないでしょうか。

更に利用者からの紹介で初回利用クーポンとして3505円のディスカウントがあります。

今回は7423円となりました。

安いですね。これなら高くて狭いビジネスホテルより全然いいですね。

 

かかる費用もクレジットカードで事前に支払いが出来るので、ホストファミリーとの金銭授受もなくとてもスムーズです。

 

まとめ

今回利用してとてもいい印象でした。また別のロケーションで利用したいと思いっています。もしこのブログを読んだ方で利用してみたいなと思った方がいましたら下記リンクより登録すると初回利用がとても安くなるプロモーションがありますので、覗いてみてください。

www.airbnb.jp

 

www.airbnb.jp