農夫。旅に出る

地方都市在住。いつかハワイに行くのを夢見る初老がお得にマイルを貯めて旅するブログです。

ANAマイルを飛行機乗らずして年間20万マイル貯める簡単なこと

私は2016年にANAのマイルを1年間で22万マイルほど貯めることが出来ました。それも飛行機に乗って貯めたのではなく、ポイントサイトの案件を実施していただけるポイントをマイルに交換して22万マイルを獲得することが出来ました。

22万マイルというと国内の特典航空券はもちろん、ハワイへのビジネスクラスの特典航空券も手に入れることができるマイル数を1年で貯めることができます。

特に難しいことをやったわけでなく、クレジットカードの発行の際にポイントサイトを経由したり、ポイントサイトが募集している飲食店などの覆面調査をしただけです。

貯まったポイントをとあるルートを通すと圧倒的にANAマイルが貯まります。

今回私が実践している内容を紹介したいと思います。是非皆さんにもたくさんのマイルを貯めて、チケット代を気にせずたくさん旅行に行くことが出来ます!

ポイントサイトとは?

私は普段ポイントサイトを利用しています。

ポイントサイトの主な案件

  • クレジットカードの発行の案件
  • 証券会社(FXなど)の口座申込の案件
  • 覆面調査(モニター調査)の案件

クレジットカードの発行をポイントサイト経由で発行する

皆さんはクレジットカードの発行をどこでやっていますか?空港や駅ビル、ショッピングセンターやアウトレットパークなどでクレジットカードの勧誘をしているの見たことあると思います。その時にお買い物券とか割引券を餌にして勧誘しているのを実際にやったことがありますよね(私もちょっと前までそうしていました)。そのちょっとした餌+勧誘にかかる人件費を丸っともらってしまいましょう。

FXなどの口座申込をポイントサイトで行う 

FXの口座申込は申込だけでポイント付与と口座申込+取引実績有りでポイント付与があります。後者の口座申込+取引実績有りのほうがポイントが多く貰えます。

FXなんてあぶなくてやってられないよ!と思われがちですよね。私も思います笑。また知識ないからすぐお金がなくなってしまう。私も思います笑。ここでいう取引実績は数回の売り買いの実施だけです。売り買いを速攻で実施すれば1回の損失は数十円です。数十円×取引実績でポイント付与してくれます。仮に数百円の損失でもポイントサイトから20000ポイント(20,000円相当)の謝礼があるなら数百円は必要経費と思ってください。

覆面調査で調査謝礼をポイントサイト経由で行う

覆面調査といえば飲食店の料理の出来具合や店内の清潔具合を調査しますが、レポートを記載する項目が多く大変な時があります。そんなときには仕事場やサークルの飲み会を開きましょう。その先に率先して幹事になることをオススメします。

飲み会の幹事なんて予約とか面倒くさいし、会費集めたりしないといけないし、メニュー決めないといけないし、メシマズだったら後でブツブツ文句言われるしと嫌なことばかりの幹事さんですが居酒屋を手配して、お店の感想をアンケートに答えるだけで、多くのANAマイルを効率的かつ簡単に半永久的に貯めることが出来ます。

飲食店の覆面調査とは?ちょっと怖い。バレたら事務所に連れて行かれて・・・なんてありませんので安心して下さい。ここでは覆面調査がどんなものか詳しく述べます。

 

f:id:tetsuyama2000:20170201134634j:plain

ファンくるより引用

覆面マスク被ってカメラ持っていたら怪しいですよね。普通に食事するだけです。お店の清潔感や料理がマニュアル通りに作られているか、スタッフの対応などを評価します

飲食店の覆面調査にはいろいろな案件があり100%全額負担(上限あり)から30%まで負担とあります。今回私が言いたいのは皆さんには飲み会の幹事になって覆面調査店で食事していただきたいのです。

覆面調査なら100%負担する案件がいいじゃないかと思われますが

f:id:tetsuyama2000:20170201140135j:plain

例えばこのかっぱ寿司の案件 

100%負担で上限1,000円と1,000円以内であれば食べた分負担してくれて良いと思います。1人でやる分にはお金の負担も少なくいいと思いますが、提出物確認すると

アンケート 最大65問 +写真 です。

 

65問です。 

 

1,000円のために65問は割に合いません。

他にも100%の案件で4,000円上限などありますが、やはりアンケート記入が重荷になります。全部書き終わるまでに30分~1時間ぐらいかかってしまうのではないでしょうか?

お店側からすると100%負担するから細かいところまで隅々調査してよ 

簡単にはポイントくれません。

 

では30%負担の案件について

f:id:tetsuyama2000:20170201140925j:plain

30%負担ですが、アンケートは最大37問です。そのアンケートの中身も料理はアツアツでしたか?長い皿を使いましたか?など簡単な選択式で2,3問記述があるだけです。早い人なら5分で終わってしまいます。

更にここで重要なのは上限10,000円ということです。

こないだ私は仕事の慰労会ということで飲み会を主催しました。人数12人集まり合計金額は48,000円ぐらいでした。均等に割ると1人4,000円。私も4,000円払いました。但し私だけ飲食代の30%(上限10,000円)のポイントをもらっています。4,000円は飲食代。しかしタダで別途10,000ポイントもらっています。 

 

そもそもポイントサイトってあやしい!

ケータイアプリの有料会員にたくさん登録させて、アマゾン10000ポイント差し上げます!という内容で実際は抽選で貰えるかもみたいな詐欺サイトはありました(私も引っかかった事があります)。今回は健全な安心できるサイトのみ紹介します。 

ポイントが貯まったらANAマイルに交換しよう

もらったポイントはどうするのか?

何もしないままではポイントサイトでの買い物、もしくは現金化しか使えません。しかしここから別のポイントに交換したり、現金に変えたい、マイルに交換にも出来ます。

  1. ポイントサイトからのポイントを
  2. いろいろなポイントサイトへ交換するサイトへ移動します。
  3. ネットショッピングで使える楽天ポイントやアマゾンポイントへ現金に変えたい方はネット銀行へ ANAやJALのマイルへと交換が出来ます。

 

これだけです。とあるルートを使えば10000ポイントが9000マイルに変わります。

f:id:tetsuyama2000:20170201115524j:plain

とあるルートとはソラチカルートと言います。このソラチカルートを使うのに必要なのは東京メトロが発行しているクレジットカード『ソラチカカード』が必要です

ソラチカカードは持っているだけで威力があります。ソラチカカードを使って決済に使う必要は一切ありませんので、発行したら引き出しに入れておいても大丈夫です。

ソラチカカードが無いと、必然的に交換レートが下がります。

  • ソラチカルートは90%でマイル化
  • 他のルートは50%でマイル化

毎月交換の上限が毎月20,000ポイントですので毎月20,000ポイントをPEX→メトロポイント→ANAマイレージクラブへと順々に交換します。

最終的にANAマイレージクラブのマイルとしては18000マイルになります。

これがソラチカルートです。

2回やれば18,000マイル。18,000マイルあればハイシーズンでもない限り日本のどこでも特典航空券で往復出来るマイル数です。20,000~30,000マイルもあれば香港、上海も往復の特典航空券で行けますね。

 

モニター調査ならファンくるが案件豊富です。

飲食店などの覆面調査はファンくるが案件豊富です。まずはこちらから登録してみましょう 

https://www.fancrew.jp/about?inflow_id=fri_e12-2138931m&lk=fri_e12&lk1=m&lkv=2138931&d=1

クレジットカードの案件や口座申込ならハピタス

新規にクレジットカードの発行を考えている方一度こちらのサイトも覗いてみてください。謝礼が貰えます。

下のバナーをクリックして登録してみてください。ここから陸マイラーを始めてみましょう!

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

合わせて読んでいただきたい記事

www.noufu-tabideru.com

www.noufu-tabideru.com