農夫。旅に出る

地方都市在住。いつかハワイに行くのを夢見る初老がお得にマイルを貯めて旅するブログです。

スカイマーク初の搭乗。セントレア深夜到着便は駐車サービスあり

比較的安く乗れるスカイマークに今回始めて利用しました。深夜早朝の時間帯でしたがとても快適でした。運賃で対抗するLCCとの違いや料金プラン、独自サービスについてまとめました。

f:id:tetsuyama2000:20171206095932j:plain

目次

セントレア就航路線

f:id:tetsuyama2000:20171205192729p:plain

セントレア中部からは沖縄那覇と札幌新千歳行きがあり、スカイマークは他社が飛んでいない時間にも運航しています。今回は早朝6時発那覇行き951便とほぼ0時着の中部行き958便に搭乗しました。

スカイマークは一番端が多い

セントレアのチェック・インカウンター

f:id:tetsuyama2000:20171205191420p:plain

セントレアのスカイマークのチェック・インカウンターは国内線側の一番端になります。つい先日就航したエアアジア・ジャパンの隣になります。セントレア自体コンパクトなので一番端でもほとんど問題ありません。

搭乗ゲートは一番端なので注意!

f:id:tetsuyama2000:20171205193535p:plain

スカイマークに割当されているゲートは通常2番と5番。早朝の951便は一番端になります。保安検査場から約10分歩く必要があります。早朝にこの10分は辛い。

 

2番搭乗ゲートには社員力作の絵画がある

f:id:tetsuyama2000:20171206095955j:plain

ゴーヤをモチーフにしたと思われるが、剛毛の人にしか見えん

那覇空港のチェック・インカウンター

f:id:tetsuyama2000:20171206100201j:plain

 

f:id:tetsuyama2000:20171206100440p:plain

 那覇空港3階のチェック・インフロアのこちらも一番端にあります。少し奥まったところにあるのでわかりにくいと思います。

自動チェック・イン機では予約番号と電話番号の入力が必要です。

ラウンジが使えない

f:id:tetsuyama2000:20171206102638j:plain

セントレアには保安検査前にカードラウンジのプレミアムラウンジと保安検査後の航空会社ラウンジがありますが6時発の時間帯は営業時間外です。そもそも航空会社ラウンジはANAとJALの方しか使えませんね。 

那覇空港には1階にカードラウンジのラウンジ華がありますが、こちらは営業時間が20時までとなります。那覇空港のお土産屋さんも営業時間が20時半に閉店します。22時まで時間がある人にはこちらをおすすめします

f:id:tetsuyama2000:20171206102927j:plain

ポークたまごおにぎりも1階にあり、営業時間は22時半までやっています。注文してから作っていましたので出来たてが食べれそうですね。私は食べていませんが・・・

運賃

運賃種類

普通運賃もANAやJALに比べると安い。普通運賃以外は一番安いいま得があります。

f:id:tetsuyama2000:20171205192535p:plain

今回私はいま得を使用して往復で約16,000円でした。ちなみに来年の1月の日曜日で往復した場合は下記になります。オフシーズンということもあり今回と同じ価格帯で手配が出来ます。

f:id:tetsuyama2000:20171205193104p:plain

f:id:tetsuyama2000:20171205193118p:plain

いま得は一番安い運賃ですので、変更不可。取消払い戻し手数料有り。変更取消があった場合には戻ってこないと考えたほうがいいと思われます。

受託荷物は20キロまでなら無料

ジェットスターやエアアジア・ジャパンと大きく異なるが受託荷物です。まず預けるだけで料金が発生するLCCと異なり50×60×120cmを超えない、全部で20キロ以内なら何個でも無料です。これは大変ありがたいですね。ゴルフバックも無料で預けることが出来ますね。また機内持ち込みサイズも三辺の長さが115cm以内。重量も10キロ以内となっていますのでLCCよりスカイマークのほうが便利です。実際に機内持ち込みする荷物の重量を測ることはありませんでした。

 

深夜早朝でも空港アクセスが出来るバスがある

951便と958便を利用する場合、中部国際空港駅の利用は出来ません。ほとんどかたは自家用車でのアクセスになりますが、名古屋駅とセントレア間のみ深夜早朝帯でもリムジンバスがあります。

名古屋駅から

f:id:tetsuyama2000:20171205194209p:plain

セントレアから

f:id:tetsuyama2000:20171205194221p:plain

くわしくはこちら

名古屋バス株式会社

 

機内の様子

f:id:tetsuyama2000:20171206101512j:plain

乗り慣れているANAに比べるとオーバーヘッドビンが丸みを帯びていてキャビンが広く感じる。照明も明るい昼白色。

f:id:tetsuyama2000:20171206100928j:plain

ワゴンサービスで無料のコーヒー、キットカットをいただきました。その他のドリンクとアルコール類、スナック菓子は有料でした。お手頃価格設定でした。毛布のサービスは無料です。機内でのエンターテイメントはなし。Wi-Fiもありません。ここは読書タイム。

 

セントレアの深夜到着便の独自サービス

f:id:tetsuyama2000:20171206101840j:plain

配布に関する注意

958便利用の方には沖縄の往復航空券定時でセントレアにある駐車場の1日利用券の配布サービスがあります。名古屋からの往路は指定なし。復路のみ958便の指定あります。セントレアの駐車場の1日料金は1,500円しますので大変助かりますね。

f:id:tetsuyama2000:20171206101924j:plain

配布場所は到着フロアの受託荷物をピックアップするエリアの出口前にスタッフが立っています。こちらで往復の搭乗券と駐車場を提示すると割引してくれます。注意するのは回転コンベアのある受取所を一度出てしまうと配布サービスが得られないとのことです。

 

事前精算機での注意

f:id:tetsuyama2000:20171206101946j:plain

あとは駐車場の事前精算機もしくは出口ゲートでの精算です。ここで注意してほしいのは精算機に入れる順番です。

  1. 駐車券
  2. 割引券(スカイマークでもらった1日券はこちら)
  3. 現金もしくはクレジットカード

当然かもしれませんが、2番の前に3番のクレジットカードを先に入れてしまうと速攻で精算完了致します(私は順番間違えて割引券使うこと無く精算終わりました 涙)。

何故間違えたか?私はまず駐車場を予約しました。予約すると予約料金1,000円が別途発生しますが、セントレアカードでの支払いにはこの予約料金1,000円が無料処理されます。まずこの無料処置をしてもらおうと先にクレジットカードをいれてしまいました。

セントレアカードについてはこちらの記事を読んでください

www.noufu-tabideru.com

 

早朝深夜便の活用方法

f:id:tetsuyama2000:20171206104301j:plain

スカイマークの早朝深夜便の活用方法はゴルフでの利用が便利と思いました。沖縄那覇に8時台に到着するのでレンタカー借りてゴルフ場に昼前に着けば午後スループランも可能です。エリアも近場の豊見城・糸満周辺なら当然出来ますし、遠方の名護周辺のあたりでも高速利用で2時間もあればよっぽど到着します。冬の時期の沖縄の日没時間は17時半ですので本州より遅くまでプレー可能です。帰りものんびりお風呂に浸かって、空港に21時ぐらいまでに着けば無事帰れます。日帰りも可能ですし、恩納村あたりにリゾートホテルたくさんありますので一泊して2Rもしくは3Rも可能と思われます。次回は沖縄日帰りゴルフで利用してみたいと思います。